髪の毛を伸ばすにはバランスの良い食事

髪の毛を伸ばすには必須となるのがタンパク質です。

ですが、このタンパク質は、野菜や海藻類、穀類からでも摂取できます。

また野菜や海藻類などのほうがビタミンやミネラルをバランスよく配合するので、結果的に、体内の代謝や消化を助けることになるのです。

 

いまでは女性も薄毛の悩みに悩まされている人が多いようです。

こちらの自毛植毛 女性をみても分かる通り、多くの女性が薄毛に悩んでいます。

そして、自毛植毛を受ける女性の割合もおおくて3割りと増加しているのです。

ですから、健康に髪の毛も多くしたいという思うのなら、食品添加物が大量にふくまれた、コンビニ弁当ばかりをたべるのではなくて、

ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含んだ食べ物を積極的に食べることをおすすめします

 

なぜ、玄米や全粒粉麦粉が体にいいのか?

なぜ玄米や全粒粉麦粉が体にいいのか?

実は精米や精製する前には、ビタミンや食物繊維などが含まれています。

さらには、酵素まで含まれているのです。

これらをみすみす捨てて精米や精製をしてから口に入れているのです。

 

よく親が子供に

好き嫌いせずになんでも食べなさい!体が大きくならないよ!!

といいますが、玄米はまさにそれで

皮をむかずにそのまま食べなさい!健康に鳴らないよと言いたくなるくらいです。

 

ですので、なるべくなら玄米食を食べている方が健康な体になれると思います。

どうですか?

玄米ではちょっと発芽している発芽玄米もありますし、また、炊飯器でも玄米を炊くモードもありますので参考にしてみてくださいね。

なぜ肉を食べなさいというのか?それでも野菜のほうが良い

よく肉も食べないといけない!!と言われますがなぜだかしっていますか?そのほとんどが必須アミノ酸を含んでいるからという理由です。

 

ですが、もちろん必須アミノ酸を摂ることも大事なのですが、

動物性のタンパク質というのは消化に悪くとにかく、胃腸に負担をかけますので、毎日食べるべきではありません。。

 

それに、動物性の脂質も、体内では固まるので、血液もドロドロとしてしまい、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうのです。

結果、脳梗塞や心筋梗塞などの成人病を発症させてしまうのです。

 

でも、必須だからいると思った貴方は大間違いです。

なぜなら、アミノ酸は他の食品からでも取れるからです。

それが、海藻類だったり、穀類、野菜などです。

とくに大豆ひはほとんどのアミノ酸を含んでいます。

また、昆布などにもアミノ酸は多く含まれます。

 

ですから無理に肉を食べなくても理想としては、15%いかに留めるのが理想だと言われていますので参考にしてみてくださいね。

日本人は胃薬。欧米人はサプリメントが主流

日本人と欧米人の胃腸の強さがぜんぜん違うということを前回お伝えしましたが、これは、胃の症状を一つに考えても対処王がまったく違ってくるのです。

 

例えば、胃の消化不良により胸焼けになったとします。

ここで、日本の医療だとどのような治療を行われるでしょうか、

大体、胃酸を抑えるようなお薬を処方されます。

また、市販の胃薬でも、胃酸を抑えるような処方薬がほとんどです。

実はこれが間違っています。

この胃酸を抑えるような薬というのは、無理に胃酸がでるシステムに似たレセプターを利用して、無理やりでなくしているのです。

こういったことを繰り返していると、胃腸に良いはずがないのです。

そのうちに、働きが低下するという状況も考えられます。

ところが、これが欧米人だと、消化酵素の働きを助けるようなサプリメントを処方します。

 

これが、絶対的な違いなんですね。

ですがこれは、欧米人の胃腸粘膜が強いからこそできることです。

ですが、消化を助けるだけなので胃腸に負担はそこまでかからないということです。

こと欧米ではサプリメントが、定着しています。

日本でもいろいろな人気サプリが手軽に通販できるようになりました。

もし、自分が陥りやすい不健康の症状があれば日頃からサプリメントを常備しておくというのもいいかもしれませんね。

日本人の相撲が弱い理由と、日本人に胃がんが多い理由

ちょっと意味不明なタイトルになってしまいましたが、一つ一つお答えしますね。

まず、日本人の相撲が弱い理由と言ってしまいましたが、

まず相撲関係者ならびにお相撲さんごめんなさい。

ですが、これは現在の国民が懸念していることでもありますが、

日本人の横綱がいないのです。

なぜか、、、それは体が小さいことがあげられると思うんですよね。

その昔の小錦なんてそれはそれは体が大きいものでした。

だったら、日本人もそれだけ大きくなれないのか?

やはり体質なの?って思ってしまいますよね。

そうなんです。日本人に比べて欧米人の胃腸はとてもしっかりしているのです。

日本のお相撲さんもあるところまでくると、もう胃腸が限界で太れないのです。

 

そして、もう一つの日本人に胃がんが多い理由も同じです。

日本人は胃腸が弱いのです。

すぐに粘膜とかもやられるので、胸焼けとか胃痛の症状を訴える人が多いのですね。

 

ですから、日本人のみなさんが健康で長生きするためのコツというのは、やはり胃腸を元気にすることです。それができたら健康で長生きできるということです。

 

ですから普段の食事をしっかり見なおしてくださいね。

日本人は欧米化。欧米人は和風化している

日本人の食生活が欧米化してきていることはみなさんご存知ですね。

いまでは町中にファーストフード店が立ち並ぶようになりましたし、にちやステーキを食する日本人も多いのです。

 

そして、いまになって日本人では昔と違い、生活習慣病を発症するようになりました。

そして、日本人の死因の第1位がガンという現実にあるのです。

これらはまさに、食生活の欧米化が問題視されています。

欧米化の食事は、カロリーが高いのです。

反対に、昔ながらの和食というのは、野菜が多く、質素そのものでした。

 

で、欧米人では昔から大腸に関するトラブルつまり大腸がんやポリープなどが多かったのですが、政府がこぞって改善するように働きかけました。

日本食が見直され、取り入れられているのです。

こうした取り組みも合って、欧米人では年々、大腸トラブルが減少してきているのです。

みなさんはどう思いますか?このまま欧米食を食べるよりも昔ながらの和食をしっかり食べるようにすることが元気で長生き出来る秘訣ですよ。。

健康に若く生きるためのコツ